STORY

TED

「Yo-Yo Samurai」が完成する約半年前、私はTEDxTokyoという講演会でスピーチを行っていました。

TEDは「広めるに値するアイデア」を発表する講演会で、過去の登壇者にはアメリカ元大統領ビル・クリントン氏、マイクロソフト社会長ビル・ゲイツ氏、映画監督のジェームズ・キャメロン氏など、そうそうたる面々が名を連ねています。

TEDxTokyoは当時国内最大級のTEDx(TEDの姉妹イベント)で、主催にTED本体は関わっていないものの、一流のビジネスパーソンが顔を連ねる、当時の私とは縁のないはずのイベントでした。

このTEDxTokyoで不思議なご縁からスピーチを行った私でしたが、「情熱を持って努力を重ねれば、不可能は可能に変えられる」という本心からのメッセージは、なんとビジネスパーソンの皆さんにスタンディングオベーションをもって受け入れられたのです。

私はこう思いました。

「ここは目指していたサーカス業界の場所ではないが、『社会的に注目されている場所』という意味では同じなのではないか?」

「もしさらに、本家のTEDに登壇できたら、それもまたヨーヨーのイメージを変えることにつながるのではないか?」

そして、そんな思いを抱き始めていた2012年、なんともタイミングのいいことに、翌年のTED2013の登壇者を選出するためのオーディションが開催されたのです。

過去にこうしたオーディションで登壇者が選出されたことは前例が無く、実にTED史上初の試みでした。

幸運にも前年のうちにパフォーマンス作品を完成させていた私は、同演技をもってオーディションに挑戦することに決めました。

そしてオーディションの結果、日本からは私のみが合格。晴れて、日本人初のTEDスピーカーとして選出されたのです。

STORY LIST